内科・循環器科・消化器科・アレルギー科

〒168-0073
東京都杉並区下高井戸1-41-6
上北沢森ビル1F

TEL: 03-3329-3003

ドクターズファイル

クリニック案内

医院名
医療法人社団大賀会
木暮クリニック

院長
木暮 大嗣
「日本老年病学会 専門医」
「日本認知症学会 専門医」
他、院長紹介参照

住所
〒168-0073
東京都杉並区下高井戸1-41-6上北沢森ビル1F

診療時間
9:00 - 12:00、16:00 - 18:30 
休診日:土曜午後、木曜、日曜、祝日
/
■診療受付時間を変更しております。

・昼12時以降と
午後6時30分以降は
当院通院中の方を優先とした発熱などの診療を予約制で行う時間となります。
受診前に風邪症状、発熱、腹痛、下痢などの症状がございましたら、来院前に必ず電話連絡をお願い致します。
(緊急受付不可。電話予約が無いと受診できません。)

通常診療の方はこの時間を避け、早めにご来院下さい。
 会計は現金のみとなります。


□現在、マイナ保険証対応しておりません。ご了承下さい。
、診療受付時間が変更となり
電話番号
03-3329-3003
(お問合せ多く、留守番電話での対応とさせていただいております。
診察時間内にお名前、お電話番号、ご用件をお話し下さい。手が空き次第、こちらから電話させて頂きます。尚、診療時間外は対応できません。ご了承下さい。)

おかげさまで当院、開業20年目を迎えました。

お知らせ

  当院での季節性インフルエンザワクチン接種について。

 *当院かかりつけ以外の方の接種も可能です。

予約不要。(予約は行っていません。)

 診療受付終了時間30分前には来院して下さい。

ーーー注意ーーー

 *65歳以上の方は、区から届く用紙を持参して下さい。

 (有効期限は1月31日までです。ご注意下さい。用紙が無いと補助が受けられません。23区内の用紙使用可能です。

 *新型コロナウイルスワクチン接種接種前後2週間はインフルエンザワクチン接種できません。

  当院での新型コロナワクチン3回目接種は2月中旬からの予定です。

  自治体のホームページを参照してください。

  電話での予約・お問い合わせは行っておりません。

   (受付・診療に影響を及ぼしてしまうため、ご遠慮下さい。

  杉並区の予約サイト・コールセンターからのご予約をお願いいたします。

  尚、当院通院加療中の方は、2月以降に受診時に院長と接種相談して下さい。(集団接種会場まで移動できない、当院かかりつけ高齢者優先となります。)

  杉並区の集団接種会場は基本ファイザー社製のワクチン、当院は、モデルナ社製のワクチンが中心となります。ご注意下さい。

  詳細決まり次第情報更新いたします。  2022年1月21日現在。

  コロナ禍でしばらくの間、診療受付時間を変更しております。

  ・昼12時以降
  ・午後6時30分以

 当院通院中で基礎疾患のある方を優先とした発熱などの感染症診療を予約制で行う時間とします。

 注)オミクロン株蔓延で感染症患者数増加のため、1月21日よりしばらくの間、基礎疾患(重症化リスク)があり当院かかりつけの方以外の感染症診療は基本お受けできません。ご了承ください。
 (緊急受付不可。電話予約が無いと受診できません。)

 一般診療の方は、この時間を避け、早めにご来院下さい。
受診前に風邪症状、発熱、腹痛、下痢などの症状がございましたら、来院前に必ず電話連絡をお願い致します。

 当院では、腹部症状のみの方でも新型コロナウイルス陽性の方が数名検出されております。その為、腹部症状についても発熱外来の受診予約をお願いしております。(お電話で相談させていただきます。)

 また、オミクロン株への感染は、軽い風邪症状程度の方もいらっしゃいますので、症状が軽くても、必ず受診前にお電話ください。

*現在感染防止のため入口の自動ドアは開きません。
 発熱・咳・風邪症状・下痢・腹痛などがない方は、インターフォンを押し、しばらくお待ち下さい。

*当院高齢の患者様が多く、感染防止にご協力を宜しくお願い申し上げます。

  発熱、風邪症状、咳、嗅覚・味覚障害、下痢、腹痛などがある方、新型コロナウィルス濃厚感染が疑われる方

※当院かかりつけの方
当院までお電話下さい。(感染症外来は完全電話予約制)
木暮クリニック  
TEL03-3329-3003(診療時間内)

当院診察時間以外は「東京都発熱相談センター」にお電話下さい。

※それ以外の方

 まずご自分のかかりつけ医にご相談・受診をお願いします。

 世田谷区の方ー世田谷区内の医療機関の受診をお願いします。

「東京都発熱相談センター」TEL03-5320-4592(24時間対応)
に電話相談して下さい。

 杉並区の方ーー当院受診ご希望の場合、感染防止のため、直ちに診察することはできず、当院かかりつけ患者様優先となり、診察可能人数が限られているため受診できない場合があります。診療時間内に電話にて受診可否を確認して下さい。

また、電話問い合わせだけでも電話診察料がかかる場合があることをご了承下さい。
(東京都発熱相談センターの場合は無料です。)

  区民健診について(世田谷区、杉並区、両方受付)
令和2年度から完全予約制です。(電話予約可)
予約なしには出来ませんので必ず予約して下さい。

 杉並区ー2月15日検査最終日。

 世田谷区ー3月31日検査最終日。  

早めのご予約をお願いします。 

  当院オンライン診療について

(クリニックへの電話予約が必要です。LINEへの電話、お問い合わせはご遠慮下さい。)

 2020年5月9日に院長が厚生労働省指定・オンライン診療研修を受講・修了いたしました。

 初診は現在受け付けておりませんが、再診の方はL I N E通話・画像を前提に通院困難の場合など電話による予約制で受け付けております。
 詳しくは院長にご相談下さい。
 また、コロナ禍の為、電話再診による処方も受け付けております。


 保険外負担(利用料・通信料)は無料で、診察は全て保険でまかなわれ、料金は銀行振込となります。処方箋は近隣のかかりつけ薬局にお届けしますので、その後薬局と直接相談して下さい。尚、処方箋郵送の場合は、別途100円手数料を頂きます。

  当院新型コロナウイルス抗体検査(定量)について

 抗体検査とは、感染の既往(以前感染したか)、ワクチン摂取後の抗体価(抗体の量)をみる検査(採血)です。一般的にワクチン接種後二週間で抗体価が最大となり、徐々に減少していきます。(発熱外来で用いられる現在の感染状態を見るPCR検査や抗原検査とは異なります。)

 現抗体価検査ご希望の方は院長までご相談下さい。(基本かかりつけの患者様のみ)

 所要時間4日程度、料金9,000円(税・判定用紙込)

ーーーーーーー

  無症状で現在の感染状況を知りたい方へ(出張や帰省、イベント参加目的など)

(但し、保健所より濃厚接触者に認定された方は保険適応で検査代金は公費助成・無料となりますが、診察代などがかかります。)

 自費にて新型コロナウイルス抗原検査、PCR検査を電話予約制にて行なっております(検査時間は発熱外来前後)。しかし、発熱外来患者優先のため、お受けできない場合があります。また、当院は医療用の抗原検査キット利用と、業界第二位の検査会社にPCR検査依頼しており精度が高い分、料金が安価のものと比べ高くなってしまうことをご了承下さい。

 新型コロナウイルス抗原検査(検査キット供給不足により、しばらくの間検査できません。ご了承ください。2022年1月22日)

 (鼻咽頭)ー15分で判定、料金15,000円(税・判定用紙込。現金のみ。)ーー(症状のない方の陽性率は高くないので、あまりお勧めできません。)

 新型コロナウイルスPCR検査(鼻咽頭)ー原則翌日夕方判定(但し、陽性の可能性の高い場合などは再検査を行うため遅くなる場合があります。また、休診日前日の場合、二日目の朝の結果通知・書類作成となります。)、料金30,000円(税・判定用紙込。現金のみ。診断書必要な場合は別途診断書代、和文3,300円、英文5,500円。)

  当院職員の新型コロナウィルス感染予防・対策について

 職員全員、新型コロナウイルスワクチンを3回接種完了いたしました。

 また、症状出現時、適宜抗原検査、PCR検査を行う予定です。


 引き続き院内感染防御を徹底して行きますので、安心して受診して下さい。

*当院では上記対策と、待合室に最新の感染予防装置を二台(次亜塩素酸・空間除菌脱臭機、加湿空気清浄機)、院内に四台の二酸化塩素発生器を取り付けた上、定期的に院内の消毒を行い感染防止に取り組んでおります。

日頃通院している患者様とご家族が安心して通院・加療していただく為、引き続き努力してまいります。

また、来院時にはマスク着用し、来院時・離院時に必ず入口でアルコール手指消毒をして下さい。

尚、診療受付時間については、現在感染防止のため短縮しております。診察券に書かれている診察終了時間の30分前には来院して下さい。

ご協力を、宜しくお願い申し上げます。

院 長

  もの忘れ・認知症について

当院院長は2010年に認知症学会・認知症専門医の資格を所得し、認知症指導医の資格も有しております。

読売新聞・病院の実力「認知症」、医療機関別2019年実績(令和2年5月26日東京都版)に当院がランキングされております。もの忘れ、認知症につきまして遠慮無くご相談下さい。

  所属学会資格更新、東京医科大 高齢診療科兼任講師について

令和3年4月より
院長は、日本老年病学会・専門医、日本内科学会・認定医としての資格の更新が認められました。
又、令和3年度も、東京医科大学より、高齢診療科・兼任講師を任命されました。